うに 通販

うにの通販 産地直送が旨い!

「うに」は鮮度が命です。鮮度が落ちると味が急激に落ちてしまいますよね。

 

北海道産のうにを産地から直送してくれる評判のお店からお取り寄せすると、「うにってこういう味がするんだ!」と驚く人も多いようです。今まで食べたウニは一体何だったのだと・・・

 

一度食べるとやみつきになる北海道産のうにを産直してくれる通販店をご紹介しています。

ご紹介しているウニ商品の価格や料金はシーズンや漁獲量によって変わりますので最新の価格は通販店公式サイトでご確認くださるようお願い致します。

利尻・礼文産 えぞばふん生うに エゾムラサキ生うに

 

エゾバフンウニ

エゾムラサキウニ


 

利尻島と礼文島で獲れたエゾバフンウニとエゾムラサキウニが無添加塩水パックで届けられます。最高の生うにです。どちらかを選ぶもよし、両方を食べるのもよしですね^^。
家にいながらにして北海道の最北端の利尻島・礼文島で獲れて厳選された極上の生ウニを堪能することができます。最高の贅沢と言って良いでしょう!

 

>>利尻・礼文の生ウニ販売ページはコチラから>>>Click!!

塩水ウニについて

塩水ウニとは、文字通り塩水につけたウニのことです。海水ウニとも呼ばれる場合があります。水産物の鮮度を保ちつつ移動するためには、どうすればいいと思いますか? 氷のたっぷり入ったクーラーボックスで水産物を冷やしながら移動……といった方法を真っ先に思い浮かべる人が多いかもしれません。

 

しかし、海の生き物は海水の中に存在する事が自然なのです。ですから、海水もしくは海水に近い塩分濃度の塩水で鮮度を保つといった方法が使えます。ウニはとても日持ちのしない食品です。たった数日でウニの身は溶けてしまい、食べられなくなってしまいます。そのため、生のウニを市場に輸送しようとした場合には、形と鮮度を保つためにミョウバンが使われます。本当の意味での生のウニを食べるには、ウニの産地でとれたてをいただくしかないのです。このミョウバンは少しクセがあり、ミョウバンが苦手なために「ウニが苦手である」と思い込んでしまっている人は多いのです。

 

そんな人には、ミョウバンのかわりに塩水に漬け込む事で鮮度を保つ方法をとった塩水ウニがオススメです。

 

北海道松前産 天然生うに

 

松前産の天然ムラサキウニの無添加生うに塩水パックです。冷蔵便(送料無料)で産地直送です♪

 

漁期、販売期間は限られていますので販売ページでご確認ください。

  • 100g×2パック入 ネット特別価格:5,980円(税込)
  • 100g×3パック入 ネット特別価格:7,980円(税込)
  • 100g×5パック入 ネット特別価格:11,980円(税込)

 

>>浜海道 生ウニの販売ページはコチラから!>>Click!!

生ウニの通販について

インターネットが普及している現在、通販もかなり進歩しており、通販を行っている会社はたくさんあります。日用品から食料品、生ものの通販など、何でも通販で購入することができます。生ウニの通販もあるんですよ。ウニといえば、北海道です。北海道のウニはやっぱりおいしいし、他のところのウニとは違いますよね。しかし、わざわざ北海道に行くのは大変です。そんなときに、生ウニの通販を利用すると、北海道に行った気分になれますよ。生ウニの通販会社もたくさんありますが、会社によって、北海道のどこの産地のウニか異なります。ウニは、主に夏が旬ですが、旬である時期は場所によって微妙に異なります。

 

また、ウニにも種類があります。バフンウニやムラサキウニなどがありますが、その通販ではどの種類かをよく知った上で購入しましょう。そして、北海道の生ウニをどういう状態で送るかというと、ほとんどは無添加塩水パックで送られます。そのため、新鮮なウニが北海道に行かなくても自宅で気軽に食べることができるのです。もちろん、味は北海道に行って食べるものとほとんど変わりません。回転寿司やスーパーで購入したものとは全く違いますよ。ウニの好きな方は、一度生うにの通販を利用してみてはいかがでしょうか。

 

散布で水揚げ えぞばふんうにの粒ウニ

 

釧路で海産物を扱う北釧水産は大卸しを営んでいるお店です。
その北釧水産で扱う散布産えぞばふんうにの粒ウニ(一夜漬け)は企業秘密の塩で漬け込んでいます。

 

浜中町散布で水揚げされるえぞばふんウニは通年とれる一般的なウニとは違います。
ねこあし昆布という甘みの強い昆布を夏から秋にかけて食べて育つので濃厚なコクを持ちます。

 

北海道散布(ちりっぷ)産えぞばふんうにの粒ウニ(一夜漬け)60g2本入 100g 価格:4,680円(税込)

 

>>釧路・北釧水産の粒うにはコチラから>>Click!!

粒うにファンにオススメ!

粒ウニのファンにはたまらないのが散布産えぞばふんうにの粒ウニです。

 

こんなに甘い粒ウニがあったの?と驚くほどの粒ウニ(一夜漬け)です。

 

浜中町散布で水揚げされるえぞばふんウニは通年とれる一般的なウニとは違います。ねこあし昆布という甘みの強い昆布を夏から秋にかけて食べて育つので濃厚なコクを持ちます。

 

 

ムラサキウニとバフンウニとは

ウニは、全身に棘を持っている棘皮動物です。ウニは、ナマコやヒトデなどの仲間ですが、腕がないのが特徴です。ウニの棘は危険に見えますが、危険なものは少ないです。しかし、一部には棘に毒を持つものもあり、注意は必要です。

 

ウニは、世界では約900種類、日本では約150種類生息しているといわれていますが、すべてのウニが食べられるというわけではありません。食用のウニはそのほんの一部のみで、日本の近海でとれる食用のウニはわずか8種類程度です。

 

その中でムラサキウニやバフンウニの美味しさがよく知られています。

 

ムラサキウニはウニの代表ともいえるような形をしています。丸くて鋭いトゲが沢山ついています。日本では新潟県南部や茨城県、外国には台湾や中国にも生息しています。大きさとしては、5〜7センチです。ムラサキウニの名前の由来ですが、普段の色は黒紫色でムラサキウニを明るい光で照らすと、紫色に見える事からムラサキウニと名前が付けられました。

 

バフンウニですは、まりもの様な優しい形をしています。トゲは、ばっちりと付いていますが。バフンウニは、山口県ではとても有名だそうです。生息範囲もとても広く、日本では北海道から九州まで、外国では北朝鮮や中国にも生息しています。バフンウニの大きさですが、大きいものでも4センチ程度です。その他のバフンウニは、1〜2センチ程しかありません。とても小さいウニです。

 

ウニは主に海藻を食べており、ウニの生殖している場所によって、えさも異なるので、ウニの味や香りも多少変わってきます。ちなみにウニの身ですが、これはウニの生殖腺でこの部分を私たちは食べているのです。

 

どちらも美味しいムラサキウニとバフンウニですが、食べ比べてみてその美味しさを味わってみて下さい。

 

もちろん海産物の宝庫の北海道はウニだけではありませんよ。鮭、イクラ、タラコそして蟹と美味しい物がたくさんあります。冬となれば蟹通販が大人気となりますがお正月の風物詩のおせち料理も近年は通販で多く利用されています。老舗料亭や有名ホテルのおせち通販も毎年大人気となっています。利用を予定している方はお早めに予約をしましょう。かなり早いうちに人気おせち料理は予約終了してしまいますからね。

まだ注文が間に合うカニ通販ならコチラ!!

かに本舗

 

浜中町散布(ちりっぷ)漁協のエゾバフンウニ「生うに」

 

北海道ぎょれんが扱う海産物は、そのほとんどが北海道の浜からの産地直送となります。そのこだわりは口コミでも評判です。その北海道ぎょれんから届くエゾバフンウニ「生うに」は絶品ですよ。

 

 

生うに(塩水パック)100g 価格:3,980円(税込) 送料無料

 

>>北海道ぎょれん ウニの通販はこちらから!

 

ウニの種類について

海産物のウニの食べられるものは、数種類あるのですが、それについてお話したいと思います。名前を挙げていくと、ムラサキウニ、バフンウニ、エゾバフンウニ、アカウニ、キタムラサキウニなどとなっていて、それぞれ特徴は変わりますが、味の方はおいしいという事に変わりはありません。これらの種類のものは食べられるものの中でも特に有名なものですので、購入時には、これらの名前を覚えておいて、探すようにした方が良いと思います。日本各地の海で取れるものなのですが、それぞれの海の特徴を表していて食べ比べてみるというのも結構面白いですよ。

 

おいしく食べられるというのは皆さんご存知だと思いますが、そのなかでもどういう状態のものがよりおいしいか知っていますか。それは、優良なえさを沢山食べたものの方が身が詰まって大きくなり、味の方もコクが出てよりおいしくなっていますので、海の環境が優れている方がよりいいものが育つといえます。そして、季節によって取れる種類というものが変わってくるのですが、その季節の旬のものを食べるようにすれば、よりおいしくいただけます。どの種類のものも、おいしい事は保証されているといっても過言ではないので、とりあえず食べてみたいという人もこれらの種類であればきっとおいしく食べられますよ。これらの種類を食べるというのはかなり贅沢な事でもありますが、今ではうに通販で簡単に手に入りますので、迷わず頼んで味わってください。

 

北海道産のウニの魅力

北海道といえば、おいしい物がいっぱいありますよね。特に海鮮がおいしく、北海道で食べるウニは新鮮で、最高においしいですよね。ウニは苦手でも、北海道のウニならおいしく食べられるという人もいますしね。ウニの産地は、利尻礼文から函館と、北海道の北から南まであります。北海道のウニは、一年中捕れますが、特に夏が旬で、主にバフンウニとムラサキウニがあります。一番おいしいウニは、産卵に備えて栄養を蓄えている、産卵期前のウニといわれています。ですから、同じ北海道でも、ウニのおいしい時期が微妙に異なるのです。

 

ウニのえさは主に海藻ですが、ウニは何でも食べる生き物です。食べた物がそのままウニの味になるため、人間が食べても最高においしい物を食べたウニは、とてもおいしいのです。ご存知の通り、北海道の海の幸は何をとってもおいしいですよね。その中でも、北海道のウニは最高級のコンブを食べて育っていると言われています。もちろん、人間が食べてもおいしいコンブです。そんなコンブを食べて育った北海道のウニだから、生臭さもなく、とってもおいしいのです。最高級の北海道のウニ、一度は食べてみたらいかがでしょうか。

 

レシピを参考に北海道産のウニで料理にチャレンジ!

ウニといえば、どのような料理を思い浮かべるでしょうか?お刺身やお寿司で食べるイメージのある方が多いと思います。もちろん、お刺身やお寿司で食べてもウニはおいしいです。ここでは、ウニ料理とその簡単なレシピについて紹介します。まずは、ウニ丼です。

 

ウニ丼は、お刺身やお寿司とともにメジャーなウニ料理だと思います。ウニ丼は、温かいご飯の上にウニを載せて、しょうゆなどをかけて食べるのが一般的でしょう。それでもおいしく食べられるのですが、そこに大葉やワサビを載せて食べると、より一層おいしくなります。他に、ウニの天ぷらもあります。ウニは、そのままでは溶けてしまうので、ウニを大葉や海苔などで包み、天ぷら粉につけて揚げます。これもまた違ったおいしさがありますよ。

 

ウニ料理は、和食だけでなく、イタリアンにもあります。ウニのクリームスパゲッティは、たまにパスタ屋さんにあるメニューですよね。レシピは、他のクリームスパゲッティの要領で、玉ねぎやキノコを入れたクリームソースを作ります。そして、最後にウニを入れてクリームソースと混ぜて、茹でたパスタと和えます。他にも、ウニのクリーム煮やグラタンなど、ウニ料理はたくさんあります。ウニ料理のレシピ・調理法は人それぞれですので、自分の好みのウニ料理を作ってみてください。

うに丼が大好物の人、多いですよね

うに丼は、みなさんが知っている通り、炊きたてのご飯の上に生うにが乗った丼です。一般的に、うにそのものの風味や味を楽しむため、醤油とわさびのみで食べられています。付け合わせるといっても、大葉や海苔でしょう。うに丼を提供しているお店では、醤油ではなく、その店独自の“うに丼のたれ”を作り、それをかけたうに丼をお客様に提供しているところもあります。うに丼に乗せるうには、生うにが多いですが、塩漬けしたうにを乗せることもあります。

 

うにといえば、北海道ですが、うに丼の発祥も北海道の礼文島といわれています。現在、うに丼のメッカとして知られているのが北海道の積丹半島です。そこのうに丼に使われているうには、ムラサキウニで、90%程度も占めているといいます。

 

うには夏が旬といわれていますが、繁殖時期が地域によって微妙に異なるため、解禁時期も異なってきます。北海道でも、知床半島では1月〜6月、積丹半島や小樽では6月〜8月がうにの季節といわれており、現地でうに丼を食べるには、解禁日を調べてから行くと良いでしょう。うにには、ビタミンB1、B2、ナイアシンなどを多く含んでおり、疲労回復にも良いと言われているため、うに丼は体に好影響のある丼といえますね。 ウニ料理レシピ

 

ウニの通販について

おいしいうにを買う方法にはいろいろありますが、お勧めの買い方があり、それが通販なんです。

 

いわゆる、普通にスーパーなどで売っているうにと一体どこが違うかと言うと、まずは新鮮さが違ってきます。スーパーなどで売られているうには、捕れてから結構時間が経っているものがありますが、通販だと、捕れたての新鮮なものや、きちんと保管されていたものがほとんどで、新鮮さのレベルが違います。当然の事ながら新鮮な通販のものは、味の方もしっかりしていて、どれもおいしく食べられるものばかりです。

 

そして、季節が合っていれば、その時期に捕れるものがすぐに手に入りますので、旬のものを口にする事ができます。これは通販の大きなメリットで、産地直送ゆえに品質のいいものを購入する事ができるため、よりよいものが欲しければ、こちらの買い方の方がいいです。そのおいしさから、リピーターとなってしばしば購入している人も多くなってきていて、うにの好きな人には当然の事です。

 

しっかりしたうにを食べたいのであれば、通販で買うというのが最適で、味も新鮮さもスーパーなどで売っているものと比較してかなり優れているといえるでしょう。

 

まずは、インターネットなどで検索して、どういうものがあるかをチェックしておいてから、購入してください。うにの本当の味わいを知りたいのであれば、間違いなく通販で買うのが良いと思いますので、おいしそうなものを探して、気軽に買って楽しんでください。