エゾバフンウニ

エゾバフンウニの通販

ウニの産地といえば、北海道が有名ですね。日本でよく知られている食用のウニには、大きく分けて2種類があります。日本で知られる食用のウニのひとつは「ムラサキウニ」、もうひとつが「バフンウニ」です。ウニの種類に関わらず北海道でとれるウニは、他の産地のウニよりも一回り大きい事が特徴です。

 

そのため、あえて北海道産のものを他の産地のものと分けて別の名前呼ぶこともあります。例えば、ムラサキウニは「キタムラサキウニ」、バフンウニは「エゾバフンウニ」と呼ばれるのです。エゾバフンウニは、ウニ特有のトゲトゲのからがムラサキウニに比べて短く密集しています。エゾバフンウニのトゲトゲのからはムラサキウニよりも赤い色をしています。

 

そして、エゾバフンウニの身は濃いオレンジ色です。薄い黄色の身をもつムラサキウニと比較して、外郭も赤く身もオレンジなのです。そのため、北海道ではエゾバフンウニを「赤」と呼ぶこともあります。ムラサキウニがなぜか「紫」ではなく「白」なのは、外郭の色ではなく身が薄い黄色で「白っぽい」事に由来するのでしょう。エゾバフンウニは北海道でしかとれない、とても貴重な最高級のウニです。

浜中町散布(ちりっぷ)漁協のエゾバフンウニ「生うに」

 

北海道ぎょれんが扱う海産物は、そのほとんどが北海道の浜からの産地直送となります。そのこだわりは口コミでも評判です。その北海道ぎょれんから届くエゾバフンウニ「生うに」は絶品ですよ。

 

 

こちらは利尻・礼文のエゾバフン生うにです。

 

無添加塩水パックで届けられますので、北海道というよりも日本の最北端の海岸で食べるような鮮度が保たれます。カニの大卸として雑誌などにも紹介される有名な北釧水産が扱っています。

 

エゾバフンウニとは

エゾバフンウニとは、オオバフンウニ科に属する、直径4cmほどの棘皮動物です。大きいものでは、8cmにもなります。日本では、東北地方よりも北に分布しており、潮間帯から水深30mまでの岩礁域などにいます。市場に出ているウニは、バフンウニの中でも、ほとんどがエゾバフンウニです。エゾバフンウニとキタムラサキウニを合わせると、日本でのウニの漁獲量の半分以上にもなります。殻は半球状の形をしていて、トゲは、ムラサキウニとは違って長くなく、5〜7oのものが一定間隔に縦列であります。

 

バフンウニとの違いは、歩くためにある管足で、バフンウニは4縦列ですが、エゾバフンウニは5縦列で並んでいます。しかし、バフンウニとの差はほとんどなく、見分けるのは困難です。エゾバフンウニにはいぼもあります。エゾバフンウニの身は、キレイなオレンジ色です。ウニはなんでも食べ、えさによってウニの味も変わるといわれています。人間が食べてもおいしい、最高級の利尻昆布や羅臼昆布を食べて育ってきたエゾバフンウニの味は絶品とされています。エゾバフンウニは、お寿司やお刺身、蒸しウニ、塩ウニなどで食べられています。

 

北海道のうには紫うによりもバフンウニの方が圧倒的に好まれています。散布漁協の「生うに」エゾバフンウニを届けてくれるのが北海道ぎょれん(北海道漁業協同組合連合会)です。

 

濃厚な甘み、とろけるような味は北海道のうにならではです。
産地直送にこだわる「北海道ぎょれん」が届けてくれます。
生うに(塩水パック) 100g 価格:3,980円(税込) 送料無料

 

新鮮なままお取り寄せできる美味しいウニをトップページでご紹介しています!

 

詳しくは当サイトトップページの
ウニ通販ご紹介ページをご覧ください!