ムラサキウニ

ムラサキウニの通販

ムラサキウニとは、日本国内で最も見られるなウニで、よく私たちが口にしているものです。殻は黒紫色をしていますが、明るいところで日に照らして見ると、つやのある紫色をしていることから、ムラサキウニという名がつけられています。ムラサキウニは、青森県以南の日本海側、太平洋側では茨城県以南で見られますが、台湾や中国にもいます。岩浜や内海の潮間帯や浅海で普通に見られます。ムラサキウニの直径は5〜6cm程度ですが、10cm以上になるものもあります。ムラサキウニの殻は、トゲが長いのが特徴で、このトゲは強いです。ウニと聞くとイメージする、ウニの代表のような形をしています。トゲの間には、管足と呼ばれる、歩くための足があります。

 

ムラサキウニは、岩上の有機物や海藻などを削り取って食べています。ムラサキウニは、5〜6月が産卵期であるため、春から初夏にかけて主に採られ、おいしい時期となっています。ムラサキウニの身は、淡い黄色をしていて小さいですが、独特の磯の香りの風味があり、ウニの中では比較的さっぱりしていて、生で食べても加工して食べてもおいしいです。特に、ウニの和え物に向いていると言われています。

 

新鮮なままお取り寄せできる美味しいウニをトップページでご紹介しています!

 

詳しくは当サイトトップページの
ウニ通販ご紹介ページをご覧ください!

 

 

 

ムラサキウニとは

ウニの種類と言うのはいろいろとありますが、その中でも有名なものがありますが、その一つとしてムラサキウニとはどういう特徴があるのでしょうか。まずはその名前ですが、ムラサキウニとは他の言い方もできるウニで、漢字では赤海胆、英語ではPurple sea urchinと呼ばれます。

 

また、学名ではAnthocidaris crassispinaとも呼ばれますので、さまざまな呼び名があることが分かったと思います。ムラサキウニとはどのくらいの大きさにまで育つかというと、大体10センチくらいに成長して、どこら辺に生息しているかというと、青森よりも南の日本海や、茨城より南の太平洋にいます。エサとしているのは海藻などが多いのですが、アリストートル提灯という器官で食べているそうです。

 

では、私たちはムラサキウニとはどの部分を食べているのかというと生殖腺といわれる部分で、雌ならば卵巣、雄であれば精巣を食べる事となります。その生殖腺が、とてもおいしいので、ムラサキウニとはとても人気があるウニの一種であり、高価なものとなっています。

 

しかし、市場などに出回っているのは、このウニがほとんどを占めており、あなたが食べた事のあるウニというのもこの種類のウニかもしれません。味わいはしつこくなく、上品な感じで食べやすいので、多くの人から、支持を得ており優れた海産物の一つといってもいいでしょう。ムラサキウニとは、ウニの中でもポピュラーで、人気の高いものですので、ぜひ味わってください。